2022年01月24日

ファイナンスが得意科目になりそう

今、通勤電車の中で『ファイナンス』の復習をしてるんですが、ファイナンスの極意は数字以上に意識だなと感じています。日本の会社の大多数を占める「一人株主兼一人代表取締役のAさん」の会社であっても、株主Aさんと代表取締役Aさんは別人だという意識です。会社の代表取締役Aさんは、株主のAさんから「しっかり経営してほしい。」という経営の委任を受けているという意識です。Aさんは一人じゃなくて二人いるんです。その意識が、どうデット(借入)・エクイティ(追加出資)そしてアセット(その使い方)するかに、ピリピリした緊張感をもたらすのだと思います。極小零細企業であってもそうあるべきですね。
司法書士も死ぬほど勉強して経営参謀にならなければ存在価値はありません!
グロービス通学中は、ファイナンスが一番難しかったのですが、これ一冊でファイナンスが得意科目になりそうです笑
ファイナンス.JPG
posted by maruta at 18:47| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: