2021年10月09日

『登記懈怠に対する過料って何?』

『登記懈怠に対する過料って何?』
過料というのは、行政罰です。登記で典型的なのは、会社の役員任期満了による重任や就任の選任懈怠や登記懈怠に対する過料です。
会社登記簿の記載事項に変更があった場合、原則2週間以内に登記申請をしなければ過料が来ます。
よくあるのが、株式会社の代表取締役や有限会社の平取締役の個人住所の変更があった時の登記懈怠に対する過料です。
そして、株式会社の役員任期1年〜10年おきの任期満了による重任や就任の選任懈怠や登記懈怠に対する過料です。
医療法人の場合、毎年の「資産の総額」の登記や2年おきの「理事長」重任登記があります。社団・財団法人も2年おきの「代表理事」の重任登記があります。
ところが、数百社もあるとその任期チェックがなかなか完璧にいかないのです。毎月一生懸命チェックしているのですが・・・。そして、裁判所から代表取締役に対する過料通知が自宅に郵送されてくるのです。ドキッとするそうです。
そんなわけで、弊所ではこれまでにお付き合いいただいた会社や医療法人そして各種法人数百社様の任期チェックデータを作成し完璧な登記懈怠防止対策を創りました。これで完璧です!
『顧客満足度ほぼ100%』を事務所理念とする弊所の矜持の実現です。
posted by maruta at 16:11| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: