2021年07月22日

気ままにエッセイ 43 「マーケティング」と「PDCA」

気ままにエッセイ 43
「マーケティング」と「PDCA」
私が好きなマーケティングの定義は、「販売の必要性をなくすこと」、と「売れ続ける仕組みを作ること」です。
「マーケティング」を理論的に書くと環境分析〜戦略立案〜戦術立案と言えると思います。
環境分析には、「PEST分析」「5F分析」「3C分析」「VC分析」SWOT分析」などがあります。
戦略立案は、一般的にセグメンテーション〜ターゲティング〜ポジショニングと進めていきます。
戦術立案には、4P(Product・Price ・Place・Promotion)があります。
横文字が多くて読みずらいと思いますが、ご自身でネットなどで意味を調べてみてください。その方が印象に残ると思います。
さて、今日、私が言いたかったのは、これらの「マーケティイング」は、単発の作業ではないということです。「やってみたけど売れなかった。」では話にならないわけです。
「じゃあ、どうすればいいのか。」をPDCAし続けて初めて結果につながるのです。
「マーケティング」とは、PDCAの繰り返しだということです。
とことん頭を使ってPlanningする〜考えたアイデアをちゃんとDoする〜結果を厳しくCheckする〜結果に対して次のActionをする。
これを 「売れ続ける仕組みができるまで」繰り返すことです。
営業マンや経営者は寝ても覚めてもこれを繰り返しているわけです。そして実は総務・経理・人事なども含めて全社員がこれを繰り返すのが会社の理想ではないでしょうか。
あの『3M』は、全社員が一年中新商品のアイデア出しをやっています。
MBAマーケティング.JPG
posted by maruta at 16:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: