2020年06月23日

『心の修養』

ここ3年半、『経営学本』と『法律本』しか読んでなかったのですが、この春からは、またあらゆるジャンルの本を貪り読んでいます。特に『心が高まり、魂が磨かれる』本を読むと、どんな知識も技術も『心』『魂』が根底にないと役に立たないと痛感します。『心の修養』が人生を切り開き、社会のお役に立つための必要条件であると再認識しているこの頃です。
posted by maruta at 19:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: