2019年08月31日

「経営の神様」松下幸之助氏の『実践経営哲学』

私は、20代の頃、会社員でしたが、自分では「経営者」だと思っていました。営業マンでしたので、世間から取ってきたお金を自分と会社で山分けしている感覚でした。そこで皆さん、世界の全「経営者」が絶対血肉にしなければならない「経営の神様」松下幸之助氏の『実践経営哲学』は、ことあるごとに繰り返し読み続けましょう。「経営者」の必要条件です。
posted by maruta at 22:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: