プロフィール

丸田幸一(まるた こういち) 1962年3月24日生まれ

事務所名:SOCIAL総合司法書士事務所
住所:〒810-0073 福岡市中央区舞鶴3丁目2番31号 舞鶴栄光ビル401号
TEL:092-716-8658 FAX:092-731-7285

プロフィール詳細はこちら


2021年04月25日

第3波を超えますね。

福岡でも感染拡大が第3波を超えますね。私が経路不明で感染入院した時のレベルのウイルスが街中に蔓延しているということです。
とにかく人ごみに行かない、極力人と接しない、手洗い・うがい・消毒、これに尽きますね。
世の中には、感染拡大予防に協力しない人が予想以上に多いようです。
他人はともかく自分の身は自分で守るしかありません。
posted by maruta at 17:02| Comment(0) | 日記

気ままにエッセイ 25 「リーダーシップ」と「マネジメント」

気ままにエッセイ 25
「リーダーシップ」と「マネジメント」
連載中の気ままにエッセイですが、昨春卒業したグロービス経営大学院で「経営学〜MBA」について思索を深めたことを書くことが多いです。
その一つに「リーダーシップ」と「マネジメント」があります。
西南学院大学での体育会卓球部ではプレーヤー兼マネージャーをやり、20代の会社員時代は営業課長をやり、司法書士では事務所の所長や司法書士会の役員をやり、いくつかのビジネス組織でもお世話係をやってきたのですが、大学院に行くまでは「リーダーシップ」と「マネジメント」の違いを深く考えたことがありませんでした。
現実にはリーダー兼マネージャー兼プレーヤーという立場が多かったからだと思います。が、「リーダーシップ」と「マネジメント」はやはり違います。
無限にある定義の中でグロービスでの討論で得た私が一番気に入った「リーダーシップ」は、「この人と一緒なら成功できる、いい目に会えると思わせるもの」という定義です。組織の目指すべき方向を決め、ぐいぐい引っ張っていくイメージです。
一方「マネジメント」は、組織のあらゆる調整ですね。組織オペレーションとでも言いましょうか。
手前味噌な話ですが、私は大学の部活のマネジャーの時、超厳しかった誰もが恐れていたOB会会長が、私の事を「西南卓球部始まって以来の一番優秀なマネージャーだ。」と言っていたと同期から間接的に聴き、その後の私の人生の大きな糧となりました。この一言だけで、大学の学費の元は取りましたね。(笑)
皆さん、「リーダー」や「マネージャー」になりましょう。人生の糧を得ることができますよ。
そして、今日この本を読みました。あの『ななつ星』生みの親・JR九州会長の唐池恒二氏の著書です。再びビジネスに対する意欲が湧いてきます。お勧めです。
逃げない.JPG
posted by maruta at 16:03| Comment(0) | 日記

2021年04月23日

気ままにエッセイ 24 「BS」と「PL」

気ままにエッセイ 24
「BS」と「PL」

以前私がとある社長様に「BSとPLってご存知ですか?」と聞いたとき、その社長様が「勿論知ってますよ!ブリジストンとPL学園でしょ!」って言われたことがあります。
これネタではありません。マジな話です。
世の中には「BS」と「PL」を知らなくて経営者をやっている人がもしかしたら少なからずいるのかもしれません。勿論、その人には経営者の資格はないですね。
「経営の社会的役割は納税と雇用だ。」と言われることがありますが、計算書類が読めなくて利益が出せるとは到底思えません。利益が出せなければ納税も雇用もできません。
なので、私は会社設立登記をするときに、社長様に「BS」と「PL」の入門編をお話しさせていただくのです。私自身、司法書士事務所を開業するにあたって最初に読んだ本が「BS」「PL」等の計算書類の入門書でした。増資・減資・合併等の会社登記の必須知識でもありますし。
できれば、会社員の方も計算書類の基礎知識くらいは身に付けておいてほしいですね。きっと仕事や人生において何かが変わるのではないでしょうか。
それと労使ともに「労働基準法」は、一読しておいていただきたいです。「労働基準法なんか守ってたら経営できないよ。」と言われる経営者もおられますが、「労働基準法」は守らなければならない労働基準の最低ラインなんです。最低ラインすらクリアできなくて経営していると言えるでしょうか。クリアして当然、如何に労働基準法以上の労働環境を実現するか、こそが経営だと思います。これについては、意識を180度転換する必要があると思います。
ほんと経営者って引退するまで勉強を続けないといけないんです。
posted by maruta at 20:02| Comment(0) | 日記