プロフィール

丸田幸一(まるた こういち) 1962年3月24日生まれ

事務所名:SOCIAL総合司法書士事務所
住所:〒810-0073 福岡市中央区舞鶴3丁目2番31号 舞鶴栄光ビル401号
TEL:092-716-8658 FAX:092-731-7285

プロフィール詳細はこちら


2020年11月12日

「不動産賃貸借に関するトラブル和解事例と裁判事例」

久しぶりに研修会講師の依頼をいただいて喜んでいる私です。
今回のテーマは、「不動産賃貸借に関するトラブル和解事例と裁判事例」です。全て私の27年間の実務経験談で喋ります。資料を作り出したら止まらなくなりました。参考文献は、このあたりから。この週末に一気に創ります。
ほんとは「吉田松陰の志」を喋りたかったのですが、主催者の承諾が取れませんでした。悔しいので、途中でいつものサプライスギターライブやろうかな。(笑)
大家さん学びの会.JPG
posted by maruta at 21:48| Comment(0) | 日記

社会人になってからの勉強量が勝負です️

日々の新聞で、大手・中小問わず、給与減額、賞与半減、希望退職などなどの文字を見ない日がない状況です。
そんな今だからこそやらなければいけないこと、それは中長期視点でビジネスマンとしての実力をつけることだと思います。
目先のピンチに失望しているだけでは、今のみならず将来の展望も開けません。今を凌ぐことも絶対必要ですが、将来再び何らかのピンチが来た時には、どっしり構えていられる状況を創るために、今こそ、日々の自己研鑽を始めるべきでしょう。
知識・スキルを体得し、洞察力・先見力・統率力を磨き、人脈を築き、志を持って、人生設計を描き、その実現のための一日一日の行動を始める。
今は、そうするしかないと思います。今を凌ぎ、将来を見据える。
じゃあ何をすればいいのか?新聞・書籍・ビジネス雑誌など、一心不乱に活字を追いまくる。人生において読んだ活字の数と、人生の充実度は正比例するというのが、私の人間観・人生観・社会観です。
寸暇を惜しんで活字を追いかけてください。道は開けます。電車の中で読書している日本人はほとんどいません。ライバルは少ないです。ちょっと考え方を変えるだけで、勝ちます。
これからの日本人の生き方は、自社が潰れたときに他社から引き抜かれる実力、若しくは起業して成功できる実力をつけておくことです。社会人になってからの勉強量が勝負です️.
CIMG0401.JPG
posted by maruta at 21:44| Comment(0) | 日記